2018年02月07日

船外機メンテナンス

20180207172206512.jpg
船外機の出張メンテナンスを
ご依頼頂きました!

スズキ DF60 4st

エンジンオイル交換
オイルフィルター交換
ギヤオイル交換
スパークプラグ交換

個人でも作業可能な交換作業ですが
やはり、小さなコツや見逃してはいけないポイントもありますので、
整備に長けているお近くのショップにご依頼されることをお薦め致します。

定期的なメンテナンスを実施することで、
安心かつ末長く、良い状態を維持することが出来ます。
最近、メンテナンスをしていない・・・というボートオーナー様は、本格的なシーズンが来るまでにご検討頂ければと思います(^_^)
posted by junkys at 17:32| Comment(0) | 船外機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

船外機メンテナンス

船外機のメンテナンスをご依頼いただきました。
20161019_193734 (640x360).jpg
ヤマハ V-MAX Jrのギヤオイル&スパークプラグ交換作業です。

20161019_193700 (640x360).jpg
ギヤオイル、真っ黒です・・・が、これでいいんです 笑
万が一、オイルが白濁していた場合、水が混入している恐れがあります。
ですので、定期的に行うギヤオイル交換は、浸水有無の判断作業を兼ねることが出来ます^_^

20161019_194806 (640x360).jpg
ギヤオイルはこのチューブタイプを使用すると、
ハンドポンプなどの工具が不必要なので、誰でも簡単に出来ますよ♪

スパークプラグは・・・
20161019_195150 (640x360).jpg
例え、品番などが同一であっても、
新旧プラグの各部長さやサイズなどを絶対に確認しましょう。
万が一、違うサイズのものを取り付けてしまうと、エンジン内部損傷の恐れがあり、
非常に高価な修理代となってしまいます。
「スパークプラグ本体」の目視確認は、整備士の方なら原則作業として染み付いている項目です。

また・・・状況にもよりますが、
20161019_195119 (640x360) (2).jpg
これ、ダメです 笑

ソケット工具を使って取り付けは、ネジ山をつぶす恐れがあります。
場所にもよりますが、スパークプラグの初期差込みの際は・・・
20161019_195210 (640x360).jpg
必ず素手で行うことをおすすめします。
手が入らないところは、ストローのような差込工具で取り付けします。

20161019_195434 (640x360).jpg
もちろん、取り付け後は、規定トルクでしっかりと締め付けましょう。

このように、普段何気なくやってる作業でも、
ひとつ間違えれば、大きな失敗や損害?^_^;につながりますので、
ご自分でメンテナンスされる方は、慎重に行ってくださいね。

当店では、ご予約いただけましたうえで、お持込いただけましたら
エンジンオイルやオイルフィルター、ギヤオイルやプラグの交換作業等々の作業が可能です。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ♪

posted by junkys at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 船外機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

エンジンオイルは大事です。

マイボートやマイカーに乗られてるアングラーのみなさん、
エンジンオイルなどの交換は定期的になされていますか?

これは、車のエンジンの画像ですが・・・
20160901_100212 (640x360).jpg
ピストンがブロック(エンジン本体)を突き破っています^_^;

原因は・・・

エンジンオイルを長期間交換していなかったから。

20160901_100219 (640x360).jpg
焼きついてしまい、コンロッドもご覧の通り変形しています。

アクセルをあまり開けることのない車でこうなることを考えると、
常にアクセル全開気味のボートのエンジンは、より一層の定期点検が重要になってきます。

当店では、事前にご予約いただきますと、その場でエンジンオイル交換が可能です。
また、協力店のほうでは、お車のエンジンオイルも同時に交換することも可能ですので、
ボート&トレーラーの方はとても便利ですよ。
ご希望の方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ^_^

サイトウ自動車サービス 0729 25 7750
八尾市南木の本1-84
posted by junkys at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 船外機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

船外機修理。

船外機の修理をご依頼いただきました。
20160727_163506 (640x360).jpg
トーハツ 4st 2馬力

・アイドリング不調
・エンジン再始動困難
・アクセル開でエンジンストール
ということでしたので、

20160727_162947 (640x360).jpg
キャブレータを分解、オーバーホール♪

20160804_124308 (640x360).jpg
スパークプラグ交換、フューエルストレーナーを清掃ののち、
古い燃料を廃棄、新しい燃料を注入♪

20160804_133751 (640x360).jpg
作業終了後は、各部作動の点検をして、お客様にお渡しいたします。

お盆休みに間に合ったので、喜んでいただけると思います^_^*
posted by junkys at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 船外機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

出張エンジン整備

船外機の出張メンテナンスをご依頼頂きました。
エンジンオイル交換、オイルフィルター交換、プラグ交換etc.
お客さまのガレージにて作業したのですが、ほんの少し・・・
ほんの少しだけ天井が低かったので、腰が(^_^;)笑
20151009195332517-thumbnail2 (320x216).jpg
この週末の当店主催のトーナメントに参戦されるということでした。
優勝めざして頑張って下さい!

◇お知らせ◇
11/11,11/12は、池原ダムにてトーナメント開催のため、お休みさせて頂きます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご容赦くださいませ(^_^)

なお、ネットショップのご利用は可能です。
どうぞよろしくお願いいたします。
※返信並びに発送等の業務は、11/13(火)以降となります。
申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。
posted by junkys at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 船外機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

船外機の点検整備

船外機の点検整備を実施いたしました^^*
今回のご依頼は、
20150908_102117 (640x480).jpg
YAMAHA V-MAX Jr

20150908_105931 (640x480).jpg
冷却水が全く出ないので、ウォーターポンプを点検。

20150908_110431 (640x480).jpg
お約束の・・・インペラ破損。

このとき大事なことは、交換するだけではダメ。
必ず、破損した部位を探し出すことが重要です^^

20150908_110700 (640x480).jpg
パーツが合ってるかどうか確認して取り付けます。

他にも
20150908_112928 (640x480).jpg
プラグ交換や

20150909_131013 (640x480).jpg
ギヤオイルの交換も実施いたしました^^

20150909_133017 (640x480).jpg
最後は必ず始動点検を。
かなり勢いよく、冷却水が出ています。これなら心配いりませんね♪
posted by junkys at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 船外機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

トランサムセイバー修理

以前もご紹介させていただきました・・・
20150623_205547 (640x480).jpg
トランサムセイバーの首振り部分の修理を、ご依頼いただきました。

いったん、取り外して、
20150623_211224 (640x480).jpg
割れてる部分を切断し、ボルト穴を開けます。

20150623_211623 (640x480).jpg
船外機を保持するクワガタを、再び取り付けて完成です♪

ご要望の方は、お気軽にお問い合わせ下さいませ^^*
posted by junkys at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 船外機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

トランサムセイバーの破損

ボートトレーラーをご利用の方なら、毎度おなじみ・・・
20150509_150031 (640x480).jpg
トランサムセイバー、エンジン保持部分の割れ。

このままにしておくと、トランサムセイバーが脱落してしまう恐れがあり、
走行中だと非常に危険な状況になります。
でも、いつも割れるのは決まってこの部分。結構、ひんぱんに起こる現象なので、
そのたびに、新品を買い直すのは非常にツライです。^^;

ということで、
20150509_150044 (640x480).jpg
いったん、トランサムセイバーを分解し、割れている角パイプ部分を切断。

20150509_151011 (640x480).jpg
新しいボルト穴を開けて、取り付けすれば・・・はい、ご覧のとおりきれいに直りました^^*

少し短くなりますので、
短くなっても支障の無い方や、長さ調整幅の残っている方のみの修理方法となりますが、
非常にコストパフォーマンスに優れた修理方法だと思います。

「角パイプを切断して、ドリルで穴を開けるだけ」の非常に簡単な作業ですので、
たいていのタックルショップやボートショップなら、やってもらえると思います^^
もちろん、当店でも作業が可能ですので、お困りの方はお持込くださいませ♪

◇お知らせ◇
5/10(日)は、実店舗をお休みさせていただきます。
ネットショップでのご注文は可能ですが、お返事や発送などは5/11(月)以降となります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承下さい。
posted by junkys at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 船外機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

船外機のメンテナンス

船外機のメンテナンスをご依頼いただきました^^
20140905_171321.jpg
排気音がかっこいい♪ジョンソン船外機

20140904_222318.jpg
いろいろと外して・・・

20140904_223643.jpg
キャブレーターを取り外し、分解&清掃

試運転しながら、エンジン調整をして作業終了です。
あ、キャブの分解、組み立てを実施する時に軍手はダメですよ。
もし、軍手しながらキャブを触ってる人がいたら、まあ・・・・・ボク的には×ですね(--メ)
ちなみに、内部作業に、ティッシュペーパーもアウトですw
posted by junkys at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 船外機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

船外機のメンテナンス

船外機のメンテナンスをご依頼いただきました。
悪くなる前に・・・、フィールドで困らないようにということで

20140416_153943.jpg
ジョンソン船外機のインペラ交換ならびに各部点検です。

20140416_170405.jpg
このウォーターポンプの中に、冷却水を供給するためのインペラがあります。

20140416_171540.jpg
これが劣化すると、冷却水の流れが悪くなってしまいます・・・。
また、劣化→破損を招くと、冷却水系統の循環に大きな問題を起こし、
非常に最悪な状況になってしまいます。
もちろん、走行はできませんし、無理やり始動すると「焼き付き」などを起こす恐れもあります。
ですので、コチラのパーツも、「壊れる前に早め早めの交換」を推奨いたします。

20140421_145144.jpg
ギヤオイルは・・・恐るべし黒さ!でも・・・、黒さより、水が混入していないことが最重要です^^;
これが白濁していると、水が混入していることになります。

すべての作業を終えたら、
20140423_133626.jpg
最後は必ず、作動点検を行い、最終確認です^^*

何かご相談事がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ♪
posted by junkys at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 船外機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする