2010年03月01日

MICRO GUIDE SYSTEM


microyabu0.jpg

み、見えない。。。

巷で噂のMICRO GUIDE SYSTEM。
お客様のご要望で作業を実施しました。
ただし・・・正直まだまだ完璧ではないような?
というかまだまだ試行錯誤が必要でしょう。

最近は日本のメーカーさんもテストしているところが増えてきました。
なかには、

『ウチは昔からやってた』とか
『いやいや、ウチはもっと前からだ』とか

この業界にありがちな?言葉の先行争いもありますが・・・
ボク達、釣り人側からすると、別にどこが先でもいい。
バスアングラーとしては、テストにテストを重ねた結果、
自分の武器になるロッドがデビューしてくれればと思います。
アングラー側から考えるとそうなんですよね^^;
それに、先に始めたところがあるとしたら・・・

間違いなく【U.S.A】でしょうから(笑)

ボクは今、NOIKEさんと共同で試行錯誤し、
U.S.AのMICRO GUIDE SYSTEMをJAPAN MODELに変身させています。
まだどれだけのモノになるのかは判りませんが。

個人的には、
どんなMICRO GUIDE SYSTEMを組んだロッドが世に出てくるのか・・・
MICROがどれくらいの可能性を秘めたSYSTEMなのか・・・
それがとても楽しみです♪


posted by junkys at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ガイド交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

年季が入ってます。


umifune1.jpg

とても年季の入った釣竿の修理です。
近所のおじいさんの竿ですが、
「このまま使うとテグスが切れるよ!」と船頭さんに怒られたそうです。

umifune2.jpg

そりゃあ切れます。怒られます^^;

umifune3.jpg

指示は無かったですが、PE用のトップガイドに交換して、
スレッドもティップが見やすいようにしてみました。

おじいさんにこれからも釣りを楽しんいただける仕様です。
タイのお裾分けをいただける日を楽しみに待ちたいと思います*^^*

posted by junkys at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ガイド交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

放っておくと・・・

『形あるものは、いつか壊れる』
ロッドも同じで、長年愛用していると様々な不具合がでてきます。

特に多いのは、やっぱりガイド周りの不具合。
リング欠けやリング外れ、曲がったものなどは交換が必要になります。
そして、多いのがガイドフット部のコーティング割れ。
放っておくと、何かの衝撃で飛んでしまったり
抜けたりしてしまいます。

あまりにひどい場合は
釣行時に現場で困ったことにならないように
あらかじめ修理しておくほうが無難でしょう。


CIMG2001.JPG

ちょっとわかりにくいですが、割れてきています。


CIMG2009.JPG

リペアすれば安心ですね♪
posted by junkys at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ガイド交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

ロッドのプチカスタム☆

トップガイドの修理のついでに
バット部の飾り巻きを変更しました。
この小さな変更でも、更にロッドに愛着が湧きますね。

CIMG1996.JPG

ノーマル状態は、『大人の黒』


CIMG2002.JPG

プチカスタム後は『情熱の赤』

自分だけの相棒、いかがですか*^^*
posted by junkys at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ガイド交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

飛距離不足解消。

「フロロ6LBだと、全然飛ばない。」

との報告を受け、ガイドの個数&大きさのセッティングを見直しました。
ガイドを1つ増やし、元ガイドを大きなものに交換。

poi631.jpg

ガイドを外して、つんつるてんに☆


poi632.jpg

ついでにフックキーパーも取り付けました。

本日の実釣報告によると、

「最高。めっちゃいけてる♪」とのこと。

ラインが出て行くときの抵抗があきらかに減少した
と言っておられました。
そして・・・昨日は1日中トップで琵琶湖を満喫され・・・
最大は48pでしたが、数は40匹以上の大釣り☆
役に立ててよかったです*^^*

交換した元ガイドと追加したガイドは、
普通に購入すると、2つでパーツだけでも6000円くらいするんですけど、
このお客様は、使ってない竿があるということで、
その竿のガイドを外して作業をしました。
工賃だけで済むので、その分安くなります^^
こんな感じのガイド持込でのカスタムも大歓迎ですので、
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

posted by junkys at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ガイド交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

コンバットインスパイアー

コンバットスティックインスパイアー

CIMG1465.JPG

昔、一世を風靡した名竿です。
未だに大事に使用されている方が多く、そのブランクに惚れこみ手放せない方が多いロッドです。
しかしながら、長年の使用によりガイドのスレッドが剥離してきたり、
今となっては、竿の長さの割りにガイドも少ない感じで。。。
そんな時は

『ガイドコンセプトの変更』

がお奨めです。

CIMG1490.JPG

あまり極端に増やしすぎると、この竿のいい部分が消えてしまう恐れもあるのでやりすぎには要注意ですが、
スレッドカラーも変えることが出来るので、
今一度生まれ変わらせてこれからも活躍して欲しい!
というオーナーさんにお奨めのカスタムです。

CIMG1488.JPG

もちろんチタンガイドに変えて、多少の軽量化を計るのも良し、
ガイドの材質は変更しないで、ロッドの特性をそのまま残すも良しと、お客様のニーズに合わせてカスタムすることが可能です。
いつでもお気軽にご相談くださいませ*^^*
posted by junkys at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ガイド交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

シングルからダブルに

今回のカスタムは、ガイドの交換です。
ヘビーデューティーな使用目的なのに、シングルフットガイドなので弱い。。。
そんな悩みありませんか?

MHやHなのになぜシングル?と思う方も多いハズ。
ただ、製作者サイドとしては
「きちんとテストした結果、シングルフットガイド」

といった形で、ブランクの能力を生かせるようセッティングされているものもあるので、これは、間違いやコストダウンのためとは一概には言えません。

でも使う側のアングラーによっては、
「これがダブルフットガイドだったら・・・」
と思うことが多いのも事実です。
そんな方には、やはりダブルフットガイドへの交換がお奨め♪
シングルの数箇所だけをダブルフットにするので、比較的安価で可能です*^^*

CIMG1439.JPG

シングルガイドを外して・・・

CIMG1441.JPG

ダブルフットガイドを取り付けるとこんな感じです♪
posted by junkys at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガイド交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。