2016年10月27日

船外機メンテナンス

船外機のメンテナンスをご依頼いただきました。
20161019_193734 (640x360).jpg
ヤマハ V-MAX Jrのギヤオイル&スパークプラグ交換作業です。

20161019_193700 (640x360).jpg
ギヤオイル、真っ黒です・・・が、これでいいんです 笑
万が一、オイルが白濁していた場合、水が混入している恐れがあります。
ですので、定期的に行うギヤオイル交換は、浸水有無の判断作業を兼ねることが出来ます^_^

20161019_194806 (640x360).jpg
ギヤオイルはこのチューブタイプを使用すると、
ハンドポンプなどの工具が不必要なので、誰でも簡単に出来ますよ♪

スパークプラグは・・・
20161019_195150 (640x360).jpg
例え、品番などが同一であっても、
新旧プラグの各部長さやサイズなどを絶対に確認しましょう。
万が一、違うサイズのものを取り付けてしまうと、エンジン内部損傷の恐れがあり、
非常に高価な修理代となってしまいます。
「スパークプラグ本体」の目視確認は、整備士の方なら原則作業として染み付いている項目です。

また・・・状況にもよりますが、
20161019_195119 (640x360) (2).jpg
これ、ダメです 笑

ソケット工具を使って取り付けは、ネジ山をつぶす恐れがあります。
場所にもよりますが、スパークプラグの初期差込みの際は・・・
20161019_195210 (640x360).jpg
必ず素手で行うことをおすすめします。
手が入らないところは、ストローのような差込工具で取り付けします。

20161019_195434 (640x360).jpg
もちろん、取り付け後は、規定トルクでしっかりと締め付けましょう。

このように、普段何気なくやってる作業でも、
ひとつ間違えれば、大きな失敗や損害?^_^;につながりますので、
ご自分でメンテナンスされる方は、慎重に行ってくださいね。

当店では、ご予約いただけましたうえで、お持込いただけましたら
エンジンオイルやオイルフィルター、ギヤオイルやプラグの交換作業等々の作業が可能です。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ♪



posted by junkys at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 船外機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。