2016年08月08日

エレキの故障。

フィールドで使用中に、「バシュッ!という音と共に白い煙が・・・」
ということで、動かなくなったフットコンエレキが持ち込まれました。
20160721_204235 (640x360).jpg
白い煙が上がった!というヘッド付近を開けてみると、

20160721_204248 (640x360).jpg
20160721_204352 (640x360).jpg
熱により、被覆が溶けて短絡事故(ショート)が発生していました

20160721_205129 (640x360).jpg
なんか怪しそうなビニールテープぐるぐる巻をはがすと、
あまり褒められない接続状況を発見!

20160724_165056 (640x360).jpg
配線修理後、今後の干渉などの可能性が低くなるように取り回しを工夫します

あと、熱を持つひとつの原因として・・・
20160722_130244 (640x360).jpg
この絶縁処理はちょっと^_^; 
絶縁被覆が長すぎて、バッテリー端子にしっかりと固定できず、発熱の原因となります。

20160722_130434 (640x360).jpg
20160722_130417 (640x360).jpg
簡単にカットすればOK♪

20160724_164753 (640x360).jpg
ヘッドカバーベースにも亀裂が入っていましたので、
浸水を防ぐべく、亀裂を穴埋めいたしました^_^

ついでにモーター内部の浸水有無を点検して、
すべての動作確認をした後、お客様にお渡しいたします。
大事に至らなかったことは、本当にラッキーでした♪

みなさまがお使いのエレキモーターも、定期的に点検されることをお奨めいたします。


posted by junkys at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキ修理全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。